トラッドカルチャーについて

2017年7月22日 by tossymiura

s-20170722_141020 s-20170722_141035 s-20170722_140808 s-20170722_140908

トラッドカルチャーについて

それは、私の師匠でもある石津謙介氏がVAN Jacketinc.でアメリカ東部の有名私立8大学IVY LEAGUEの学生スタイルをまねて、既製服で広めたのが始め。
それは、1954年にVANがIVY LOOKとして日本の若者文化を席巻した。

当時、大人たちから批判されましたが、短い丈のコッパン(綿ポプリンのパンツ)にコインローファー、ボタンダウンのシャツ、VANのロゴ入り紙袋、Foxタイプの長傘を持ったスタイルが羨望のまなざしで見られた。

私がトラッドスタイルに憧れたのは、16歳の夏(今から53年前) 水泳部の
同僚がインディアンマドラスチェックのヴェステッドジャケットを着ていた
のを見て、ショックを受けたのを、今でも昨日のように覚えています。後で
わかったことですが、このジャケットはVANの社員でもある先輩からの借り物だった。後にこの先輩が会社の上司になった。
この先輩は非常にユニークで、もろもろ話は、以前のブログに載っている。

伝統的なスタイルというのは、元々はイギリスなんですがイタリアでもフランスでも、お年寄りはみなこの伝統的スタイルが好み。

私は、ファッションがどのように変わろうが靴は一貫して先が丸いトラッド靴。
我、ブランドの名にもなっているステンカラーコートが大好き。
ジャケットは、1型といわれるフックベントの3ボタン段返り。
シャツは、ボタンダウンしかもっていない。

いつの時代でもトラディショナルなスタイルはなくならない。

22/June/2017 UNIVERSAL LAB INC.    デザイナー三浦 俊彦

Comments are closed.