NewYork トラッドカルチャーpart-4

2017年10月14日 by tossymiura

POPEYEの創刊号の予告版でNewYork特集があった。
後に、当時副編集長だった石川次郎さんに創刊号の前号だと直接聞いた。

その当時のPOPEYEをなめるように、VANアメリカ出張の折、取材された所を回った。今では考えられないが、あのラルフ・ローレンがまだ直営店がなかった時代、東海岸では品揃えでブルーミングデイルのデパートとsanfrancisco というセレクトショップにしかなかった。このsanfrancisco はラルフと古着とオリジナルの構成で、一番カッコよかった。雑誌Chip-chicが出たのもこの時でシングルス・バーがマンハッタンではやり、映画にもなった時代。
今でも、ダイアン・キートンのスタイリングに当時がしのばれる。

yjimage

この当時はやっていたモノとして、地付きベース(白色ではなく、生成り色)のレトロなストライプのシャツ、ウエポンのミリタリーパンツ、革のサンダルなどがあり、一気にSohoやカーナビー・ストリートに古着屋が出来た時代でもある。

当時、デジカメはなくフィルムカメラで一眼レフ、ポジフィルムのタングステン用ASA64を使い、カメラのASAダイアルを400にして撮り、現像所に増感を依頼、マウントしていた。夜のマンハッタン特に、ブルックスやポール・ステュアート、サックス・フィフス・アベニューのショーウィンドの写真を撮り、帰国後に、VAN99ホールにてスライドにして企画メンバーにトレンドセミナーを行っていた。

yjimage

当時、夜のマンハッタンは危険で、ひやひやモノだったのを覚えている。
補足すると、昼間は反射したり映り込みもあるので、フラッシュをたかずに自分が写らないように撮影していた。又、金曜日(給料日)に一斉にウインドディスプレイが入れ替わるので、撮影は金曜日の夜が多かった。

当時の、ポジを見ても古さは感じずトラッドはいつの時代もベーシックであり続ける。

14/Oct./2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

Comments are closed.