インド紀行 予告

2018年6月11日 by tossymiura

インド紀行 予告 part.1

9月5日よりインドのデリー〜コルカタ〜ジャイプルへ
19SS コレクションのモノ作りの旅に出ます。

5月にスケジュールを組み、今回行くことに。2年前からデリーで
モノ作りをしているが、新しいところを開拓したいと今回訪印します。
Khadiに魅せられ、今までMichelやリネンのPyjamaを作っている。
来春は、Michelはもちろんロングワンピースの新型Scarlette,
Vacances,Cosette,JaipurそれとPyjamaのバリエーションなど考えている。

ドリスバンノッテンの工房を訪ねたり、Khadiを手織りしている工房を
訪ねたり、珍しい生地を探したりと、コルカタ(以前は、カルカッタ)訪問が興味深い。

インドへの旅行は35,6年ぶり、当時は南のマドラスまで行き、
ヨーガンレールのブロックプリントの工房を訪ねたり、
ラルフローレンの工房で、マドラスチェックをテキスタイルデザインした。

灼熱、高温多湿だったのを覚えているが、今回は比較的北なので
チョット安心、それに現地在住の日本人女性のアテンドなので興味深々。
この女性は、以前から日本へのインド製品のオペレーションの仕事を
やってこられた女性、ディープなインドを体験出来そう。

余談ですが、デリーのゲストハウス「Bungalow99」とジャイプルの「28Kothi」は
お洒落なところで人気急上昇中。この場所も興味深い。
リビングウエアを標榜する私たちには、最高の場所。

インドからの製品コストは、輸入経費を入れると日本製とそんなに変わらず
チョット安い程度。しかし、嬉しいのは小ロット生産が可能で、縫製技術も
良い。又、凝った仕様もOK。
Khadiという特殊な素材も魅力。生産の拠点として、ビジネスのパートナー
として、欠かせない存在です。何かが起こりそうな予感で、今からワクワクする。

 

IMG_6357

Comments are closed.