Archives

Author Archive for tossymiura

POPEYEの創刊号の予告版でNewYork特集があった。
後に、当時副編集長だった石川次郎さんに創刊号の前号だと直接聞いた。

その当時のPOPEYEをなめるように、VANアメリカ出張の折、取材された所を回った。今では考えられないが、あのラルフ・ローレンがまだ直営店がなかった時代、東海岸では品揃えでブルーミングデイルのデパートとsanfrancisco というセレクトショップにしかなかった。このsanfrancisco はラルフと古着とオリジナルの構成で、一番カッコよかった。雑誌Chip-chicが出たのもこの時でシングルス・バーがマンハッタンではやり、映画にもなった時代。
今でも、ダイアン・キートンのスタイリングに当時がしのばれる。

yjimage

この当時はやっていたモノとして、地付きベース(白色ではなく、生成り色)のレトロなストライプのシャツ、ウエポンのミリタリーパンツ、革のサンダルなどがあり、一気にSohoやカーナビー・ストリートに古着屋が出来た時代でもある。

当時、デジカメはなくフィルムカメラで一眼レフ、ポジフィルムのタングステン用ASA64を使い、カメラのASAダイアルを400にして撮り、現像所に増感を依頼、マウントしていた。夜のマンハッタン特に、ブルックスやポール・ステュアート、サックス・フィフス・アベニューのショーウィンドの写真を撮り、帰国後に、VAN99ホールにてスライドにして企画メンバーにトレンドセミナーを行っていた。

yjimage

当時、夜のマンハッタンは危険で、ひやひやモノだったのを覚えている。
補足すると、昼間は反射したり映り込みもあるので、フラッシュをたかずに自分が写らないように撮影していた。又、金曜日(給料日)に一斉にウインドディスプレイが入れ替わるので、撮影は金曜日の夜が多かった。

当時の、ポジを見ても古さは感じずトラッドはいつの時代もベーシックであり続ける。

14/Oct./2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

新しく当社商品の取り扱いが始まりましたsombreloさんをご紹介致します。

目黒区 松見坂で男性のオーナーさんが開いたレディースのブティックは

どことなく上品さの漂うセレクトが印象的で、長く愛用できるお気に入りの1着がみつかるお店です。

来年、春夏商品より本格的に展開頂きます。

こだわりのある店内では、他ではあまり見られないレディースのハンドメイドシューズのオーダー会なども開催してますので

是非、お立ち寄りください。

sombrelo – ソンブレロ
火曜日〜日曜日(月曜定休) / 12:00〜21:00
153-0041 東京都目黒区駒場1-19-12 大竹ビル102
03-6407-0074
http://www.sombrelo.com/home/

IMG_2320IMG_2326IMG_2318 (1)IMG_2319 (1)

 

新しいお取引先の「amirisu」さんをご紹介致します。

来年2018年~の展開がメインになりますが、一部リネンシャツの取り扱いがもうすぐはじまります。

手芸屋という言い方が正しいのかわからない、とてもハイセンスで高感度なShopです。

毛糸などの手芸材料の販売はもちろん、京都と表参道の実店舗では編み物教室などワークショップも実施しております。

ニットに合わせるシャツやパンツとして、弊社商品を展開頂く予定です。

詳細は以下の素敵なウェブサイトをご覧ください!!
オンラインストア https://shop.amirisu.com/

〇実店舗
WALNUT Kyoto
住所:京都市下京区菊屋町745 (若宮通松原上る)ビルの2Fです。
電話:075-708-7210 (ショップへのお電話は開店時間中にお願いします。)
開店時間:火曜~土曜 11:00~18:00
定休日: 日月になります。ご注意下さい。

四条烏丸駅より徒歩6~7分です。

WALNUT Tokyo
住所: 東京都渋谷区神宮前5-12-10 鈴木マンション307号室
電話: 03-6427-2997 (お店がオープンしている時のみ、お受けします)
ジャスミンが覆い繁るアパートの3Fです。勇気を出して入り口をお入りください。
開店時間: 木曜日及び、土曜日、隔週の日曜日に開店しています。*要確認

KOD-87904_preview

KOD-87917_preview KOD-87924_previewKOD-87930_preview

今期より、駒込 honobono さんに弊社商品をお取り扱い頂いております。

洋服はもちろん、日常で役立つ便利な生活用品やギフト雑貨など幅広いアイテムを取り扱っているので、 ついつい立ち寄りたくなる素敵な雰囲気のお店です。

お近くにお越しの際は是非、お立ち寄りください!

honobono (ほのぼの)
〒113-0021
東京都文京区本駒込6-15-3六義園コーポ102
11:00~19:00
http://www.honobono-omise.com/original.html

IMG-0428 IMG-0429 IMG-0140

今期より鎌倉 7 WONDERS  様に商品をお取り扱い頂いております。

とても素敵なオーナーさんたちがセレクトしたアイテムは気分が上がるものばかりで一見の価値ありです。

お近くにお住まいの方や鎌倉のお越しの際は是非、お立ち寄りください!

既に弊社のリネンシャツは今夏より素敵に展開して頂いております。

 

7wonders

〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-9-15

TEL 0467-53-9198

IMG_4180 (1)

オルメテックス社の、バーバリー生地を使い続けて20年経ちました。
使い込むほどに目の詰まったバーバリーになり、風合いが経年変化で
ますます、素晴らしい生地になります。
環境負荷のあるDupont社の撥水加工から、最近負荷の少ない撥水加工に
変えたらしい。
レインコート生地では、最高と評判も高いOlmetex.
13年前Parisのプルミエール・ビジョンでOlmetexからMIURA ブランドの
テキスタイル・デザインを依頼され、先染めを含めゴム引きの生地を出品した。
親父のルッカから息子のRICCARDOに世代交代し、事務所にも来るようになった。
その彼に依頼してあった工場内のムービーが出来上がったので公開します。

https://youtu.be/GMlkXMJA7ko

ドルビーサウンドの大音量で、宇崎竜童の演歌!が流れた。1976年ごろだった。
なんの映画か忘れたが、上映前のコマーシャル映像の話。
映画館でのVAN「SCENE」 キャンペーンの映像がスクリーンいっぱい大迫力だった。アメリカ西海岸の波うち際を男女ペアで裸馬にまたがり、ギャロップで駆けるシーンのBGMである。宇崎竜童がブギウギバンドから独立して最初の曲でそれも演歌。

scene

余談だがVAN JACKETは、当時意匠デザインや宣伝広告も世間の評価が高く、ノベルティなどレアものとして、今でも取引されている。この企画は社内でディレクションしたと思うのだが、私は、気に入らなかった。どうにもアメリカと演歌が結びつかない。一言でいえばカッコよくないのである。このとき以降、この曲を聴くことはない。どちらかと言うと最近私は、宇崎ファンである。
そのあとの演歌はよかったのに。

van

ある時、当時の石津謙介社長が我々の居る企画室に現れ、この映画館でのコマーシャルフィルムに関する意見を求められた。私と他は販促部の連中がテーブルについて一人一人意見を述べた。作った本人はミスマッチで新しいつもりだったと思うが、イケてない。新しければイイというものではない。
この意見は少数派だったと思う。石津謙介社長も同意見だったと記憶している。

いかに、カッコいいかを追い求めた石津謙介氏からすると、トラッドの精神から、ちょっと外れたような気がする。
30/Sep/2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

VANに在籍していた1970年代、石津社長にデザインチェックを受ける為、
毎シーズン、デザインした企画書をもって社長室に赴いた。一通りのデザインストーリーやコンセプトを説明し、各々の評価を聞くといったところ。
石津社長は赤鉛筆が好きで、気にいったら〇、 気に入らなかったら×、を大胆にかく。この時代企画書もアナログな手書きなので、これが厄介で、なかなか消えない。後の各支店企画説明会にもって行くのに苦心したのを覚えている。

IMG_1708[1]

それにしても、石津さんはシャツが好きだったなー。 シャツに一番うるさかった。普段のある日、私の前でプルオーバーシャツを着たり脱いだりして、サイズ感をレクチャーされた。
カフス回りのサイズについては非常にうるさかったのを覚えている。
ボタンを留めたカフスに手をすぼめて、ストレスを感じながら入らないといけないと。確かカフスのボタン位置もカフスの真ん中ではないと聞いた。後にそんな記憶からPOLOと名付けたシャツがSOUTIENCOLの定番として生まれた。
その後、マイナーチェンジを繰り返し今のRE-MAKE POLOに受け継がれている。

IMG_1707[1]

ボタンダウンの衿のロールについては、当時の企画部長でもあったT氏が
アメリカのトラディショナルに精通していて、毎日衿のロールの出具合についてお互いに研究した。嫌になるほど何日もである。
後年、そのT氏から志を受け継ぐのは三浦くんしかいないと言われ 、今では遺
品となった、HARRIS TWEEDの昔の生地見本や昔のファッション雑誌「TheNewYork
TimesMagazine」の別冊で季刊誌の「MEN’S Fashions of The Times」を受け取った。

IMG_1710[1]

今また、NewYorkがマイブームになりそうな予感!
16/Sep/2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

newonline

この度、OnllineShopを移転させて頂くこととなりました。
新しいURLは下記の通りとなります。
早速新商品も掲載させていただきましたので、どうぞご利用ください。

SOUTIENCOL Online shopping
https://soutiencol-gop.shop-pro.jp/
※現在、審査中につきクレジットカード決済が利用できない状態です。
クレジットカードでの決済をご希望されるお客様は、大変お手数ですがメールまたは電話にてお問い合わせ頂けますでしょうか。
お問い合わせ先はこちら

旧Shop(http://soutiencol.thebase.in/)は暫く運用させて頂きますが、
時期を見てcloseする予定です。
今後共、どうぞよろしくお願い致します。

2018Spring/Summer Exhibitionが以下日程で開催されます。
皆様のお越しをお待ちしております。
*代官山にて開催しますので、お間違えのないようにご注意ください。
Date : 9月25(月)~9月28日(木)の4日間
Time : 25日          12:00~19:00
    26,27.28日   10:00~19:00
*25日(月)を追加して、4日間になりました
Place : A.S  ANTIQUES  GALLERY
東京都渋谷区恵比寿西1-31-15 2F (1Fセブンイレブン)
Mobile:070-6551-0117 担当 田窪
代官山駅 正面口より徒歩1分
恵比寿駅 JR西口より徒歩5分
*事前アポイント制となりますので、ご連絡頂けますようお願い致します。
20170907123722_00001