Archives

Author Archive for tossymiura

daitai

今月の30日から始まるGift Show Autmn 2017 LIFE×DESIGN展に出展することになりました。
場所は東京ビックサイト東8K-23ブースになります。
今回はリビングウェアがテーマで白シャツ、白パジャマだけの出展です。
ゆったりとした空間の展示会です。ぜひご来展ください。

 

第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017 LIFE × DESIGN
http://www.giftshow.co.jp/
会期:2017年8月30日(水)~9月2日(土)

【開催時間】
8月30日・31日・9月1日:10:00AM~6:00PM
9月2日:10:00AM~5:00PM
※一般参加の方は最終日の9月2日(土)のみ、ご入場いただけます。
8月30日(水)、31日(木)、9月1日(金)は商談日ですので、一般の方はご入場いただけません。

【会場】
東京ビッグサイト東京ビッグサイト(東7・8ホール)
りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

【入場料】
無料(事前登録制)
一般参加の方の入場方法については、下記をご参照ください。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/life2invitation/public.html

 

SOUTIENCOLブランドとMMMMMブランドのステンカラーコートのポケットは一部、貫通マガジンポケットの仕様になっている。
単衣のコートは、貫通マガジンポケットのみだが、裏地付きのコートの一部は2ケ所ポケットがあり、通常のポケットとポケット口の玉縁から裏に手が入る大きなマガジンポケットが裏についている。

s-pocket2

s-pocket1

通常機能としては、新聞や雑誌などを入れるため、A-4サイズがすっぽり

収まるようにできている。貫通で便利なところは、パンツのポケットにコートを着たまま手が入れられるところ。特にレインコートには多い仕様。

余談なんですが、このポケットが強調された映画のシーンがあった。
Steve McQueenの「ブリット」で殺し屋が、折りたたみ式のショットガンを
マガジンポケットに忍ばせていたのを、思い出した。

 

19/Aug./2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

弊社のお取引先であるDajaのイベントのお知らせです。

SOUTIENCOL、gardens of paradiseの定番のシャツや、
Daja限定の新作シャツを展開頂いております。

他、ディレクター板倉さんセレクトの素敵な商品がならんでおりますので
是非、足をお運びください。

会期:2017年8月30日(水)~ 9月5日(火)
10:00-20:00(金・土は21:00まで、最終日の9/5は17時終了)
会場:阪急うめだ本店10F『うめだスーク』中央街区
お問合せ(大代表)06-6361-1381

*画像はDaja様のホームページより使用させて頂きました。
ポルトガルSOMELOS社の上質なコットンロンドンストライプを使用した
Daja限定展開のルーズイーストロンドンを素敵に着用頂いております。
http://www.allo-daja.com/archives/6659

DSC_0561

 

 

 

ナチュラル・ショルダーに拘るから1枚袖ラグランスリーブになった。

IMG_3853

袖山に縫い目がある2枚袖ラグランは、肩パットの入ったジャケットなりを
インナーに着て、様になる。いわゆる肩が協調されるシルエット。私は、これがテーストに合わない。80年代にさわりで肩が協調されたファッションをしてみたが・・・。あのサンローランも50年代はナチュラル・ショルダーだった。これは2006年にパリのMARCEAUにある彼のアトリエでSMOKING FOREVERという10年を1時代としたスーツの展覧会を見て確認できた。まさしくこのナチュラル・ショルダーが50年代以降のトラッドの基本になっている。

私は、「洋服は肩で決まる」といっても過言ではないと思う。我ブランドは、肩の傾斜をナチュラル・ショルダーにすべてのアイテムを併せてある。
余談ですが、この肩傾斜が解っていない洋服もあり、着心地に差が出るのである。

それと、中に入れる芯地を長年研究した。わかったことは衿にエラス芯という
テーラードにも使われる麻芯(昔は、ホルマリン漬けされた麻芯で、強烈な臭いがし、今は劇薬に指定され使われていない。)が使われていたこと、それと私が一番こだわる部分は、裾が持ちかかりがあり、揺れる様に色気を感じる。
裾芯は、接着芯ではなくフラシでボリュームのある芯が絶対です。

IMG_8713

私の持論は、1.コートは後姿で決まる。
2. ステンカラー・コートを着たまま、居酒屋で酒を飲むな。
3. マフラーは、コートの袖に通して預ける。

カッコよくスマートに行きましょう!

華麗なる賭け
5/Aug./2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

VAN入社時は、大阪が本社だった。成金趣味ではない当時の石津社長は
車はFORD TAUNUSを社用車に使っていた。その後、社員に払い下げられ
その車を私が、鈴鹿サーキットへの足として乗り回していた。

FORD TAUNUS

その後の石津社長は、私の知る限りHONDA-N3とロータリーエンジンが出たとき
マツダのCOSMOSを個人的に乗っていた。その当時会社の商業車はワーゲンバス
でダルマシフトのバックがなかなか入らないやつだった。
次に来たのが、マツダのファミリアと日産サニーのマニュアル車だった。
どちらも新型で、軽く、くるくる回った記憶がある。

s-ワーゲンバス (2)

ある日、日産自動車の新車発表会とVANがコラボしたショウがあった。
VANのイベントは設えたステージの上で、VAN商品のコーディネイトを競い
最後に、石津社長がグランプリを選ぶという催しだった。今でもその時に
コーディネイトしたモノを覚えている。コードレーンのスーツにピンクの
ボタンダウンシャツ、黒のニットタイ 見事グランプリに輝いた。
あまり、人をほめない石津社長に、初めて褒められた記憶がよみがえる。

s-20170725_150345

今また、当時と似たようなコーディネイトを楽しんでいる。
シアサッカーのスーツにピンクギンガムのB.D.シャツ。
デザインは1型3ツ釦段返りジャケット、フックベント、パンツはパイプドステムのシルエット、短めでダブルカフス。
(NYCのMr.キーガンC.E.Oを思い出すなー これはH氏しかわからない昔ばなしでした。)

50年ほど前の当時と、変わっているのは、特に下半身の成長かな。

29/July/2017 UNIVERSAL LAB INC. デザイナー三浦 俊彦

7/27まで開催されておりました展示会の様子をご報告させて頂きます。

会期中には多くのお客様にお越し頂きまして、良い商談をさせて頂きました。
天候が悪い日などもございましたが、ご来展頂きまして誠にありがとうございました。

なお、会期外でも弊社ショールームにて引き続き商品はご覧頂けますので、
まだお越し頂いていないお客様、および新規でご興味をお持ちのお客様
是非、お越しくださいませ。
次回、展示会予定は9/26(火).27(水).28(木)
2018春夏展 2月、3月、4月展開の春モノ展示を予定しております。
開催場所は今回と同じギャラリーとなっておりますので、
皆様のご来展をおまちしております。
またご案内など送付させて頂きます。

<18′ Sprig Summar Exhibiton>
Date :9月26日(火)~9/28(木)の3日間
Place :A.S ANTIQUES GALLERY
東京都渋谷区恵比寿西1-31-15 2F (1Fセブンイレブン)

*次々回、展示会予定は来年1月。5月、6月、7月展開の盛夏モノ。

20170725_144954 IMG_1559 IMG_1560 IMG_1561

8/1~ ONLINE STOREにてSUMMER SALEを開催致します。

1点物やサンプルなどお得な商品をご用意しております!!

今すぐに活躍する商品もありますので是非、この機会にご利用ください!!

*なおSALE商品につきましては返品、交換などは出来かねますので
あらかじめご了承頂けますようお願い致します。

http://soutiencol.thebase.in/

 

夏休みのお知らせ。

8月20日(日)~27日(日)夏休みです。

28日の月曜日から営業再開します。

どちら様も、出荷は19日(土)AMまで。

その後,休み明けからの業務になりますので御了承ください。

 

UNIVERSAL LAB INC.  28/June/2017

s-20170722_141020 s-20170722_141035 s-20170722_140808 s-20170722_140908

トラッドカルチャーについて

それは、私の師匠でもある石津謙介氏がVAN Jacketinc.でアメリカ東部の有名私立8大学IVY LEAGUEの学生スタイルをまねて、既製服で広めたのが始め。
それは、1954年にVANがIVY LOOKとして日本の若者文化を席巻した。

当時、大人たちから批判されましたが、短い丈のコッパン(綿ポプリンのパンツ)にコインローファー、ボタンダウンのシャツ、VANのロゴ入り紙袋、Foxタイプの長傘を持ったスタイルが羨望のまなざしで見られた。

私がトラッドスタイルに憧れたのは、16歳の夏(今から53年前) 水泳部の
同僚がインディアンマドラスチェックのヴェステッドジャケットを着ていた
のを見て、ショックを受けたのを、今でも昨日のように覚えています。後で
わかったことですが、このジャケットはVANの社員でもある先輩からの借り物だった。後にこの先輩が会社の上司になった。
この先輩は非常にユニークで、もろもろ話は、以前のブログに載っている。

伝統的なスタイルというのは、元々はイギリスなんですがイタリアでもフランスでも、お年寄りはみなこの伝統的スタイルが好み。

私は、ファッションがどのように変わろうが靴は一貫して先が丸いトラッド靴。
我、ブランドの名にもなっているステンカラーコートが大好き。
ジャケットは、1型といわれるフックベントの3ボタン段返り。
シャツは、ボタンダウンしかもっていない。

いつの時代でもトラディショナルなスタイルはなくならない。

22/June/2017 UNIVERSAL LAB INC.    デザイナー三浦 俊彦

s-2018梅春DM表(アウトライン)-001

s-2018梅春DM宛名(アウトライン)-001

 

展示会情報 by SOUTIENCOL & gardens of paradise

梅春というシーズンが復活!
12月、1月、2月の寒い時期、なんとなく
春色のコートやシーズンの先取りアイテムが
欲しい時期。春色で防寒素材のコートや、いい素材を使った
ベーシックなシャツ、ハリスツイードのスーツなどが見どころ。

今回,7月25日から27日の展示会は、梅春時期と春先に絞り込んだ
コレクションです。展開時期は、11月末~2月。

次回、展示会予定は9月の予定。2月、3月、4月展開の春モノ。
次々回、展示会予定は来年1月。5月、6月、7月展開の盛夏モノ。

Date :7月25日(火)~7/27(木)の3日間
Time :25日   12:00-19:00
26・27日 10:00-19:00
Place :A.S ANTIQUES GALLERY
東京都渋谷区恵比寿西1-31-15 2F (1Fセブンイレブン)
Mobile:070-6551-0117 担当:田窪

s-as