Archives

Category Archive for ‘Philosophy’

ビニール袋を廃止、タタミ仕上げに使うLピンや衿のホルダーなど、プラスチックの部材もすべて廃止した。
今まで10万単位で作ったシャツのビニール袋など、ほとんど捨てられていると思うと辛い。
コストがかかってもいい、将来かかるであろうコストのほうが莫大なのは、だれでも想像がつく。

IMG_8771

IMG_8774

IMG_8770

これは、辛口トークのブログに業界の一般人から感想メールに対するリ・メールです。

メールでは想いを語りつくせないですが、私の今後の仕事に対するかかわり方は職人の技術を、伝えられるような仕組みを作ることです。
この秋物より、hand grade collection を構築します。
パタンナーは、ミラノのセコリジャパン講師で私より年上の70代で現役の柴山さん。
作り手の職人は、イタリアの某ビッグメゾンに在籍し、丸縫いができる若手の雄くん。
デザインは、三浦 で出来なくなってしまった洋服を復活させます。
IMG_8776

 

IMG_8778

IMG_8779

こんなことから始めようと考えています。それとこれはまだ構想中なんですが、私は、70年前からのイギリスとアメリカの古着を集めています。
ミリタリー、ワーク、ユニフォーム、トラッドとコレクションしています。
このような商品を参考に、自分のコレクションも作っていましたので
デザイン画や型紙、仕様書もアーカイブズしています。

今、これらをレンタル出来ないか検討中です。

IMG_8780

IMG_8787

IMG_8790

 

どうしても、未成熟な国の考え方に行き着くのですが、2年ほど前に日本職人名工会に属する増太郎製の洋ばさみを、研ぎに出した時のことを思い出してしまいます。
この洋ばさみ製作所のご主人曰く、和ばさみは国に守られているが、洋ばさみは西洋から来たものなので、補助はないと。柴又にあるこの工場を、見学させてもらったが、鉄を溶かす炉も火が途絶え休眠状態の工場があった。

IMG_8781

IMG_8786

IMG_8788

IMG_8791

IMG_8792

IMG_8793

和と洋の差って何だろう?住は都営や公団全て洋仕様なのに、洋服業界は軽く見られている。
そんな不条理がなくなればと、個人レベルで奮闘しています。

Designer 三浦 俊彦

IMG_8783

IMG_8785

IMG_8789

 

明けましておめでとうございます。

最近、頭の中でリフレーンされることなんですが、
ちょっと辛口トークになりそうですが、我慢して聞いてください。

アマゾンの先はITが進むと、たぶん野望いや発展的進化が見えてくる。
アマゾンは便利だが、一方では商店がなくなり同じような商品ばっかり
になる。アマゾンで買うモノと買わないモノを考えて選択する。

私も、1月で71歳になる。若い時の反省とこれからの人生を嫌が応でも
考える。昨年のニュースでボランティアのおじさんの言葉で「かけた情は
水に流せ、受けた恩は石に刻め」仏教のDNAを持っている私は、この
言葉が大好きだ。

廃業のニュースが多くなってきた。73歳になる私の友人も昨年で廃業した。
モノづくりの工場も体力的や跡取り問題、又変わりゆく社会に取り残されて
やめてゆく。あの日産のように品質重視を忘れ、コストを優先したばっかりに
赤字に陥った。工場の職人さんがこのままではいなくなる。ヨーロッパのように
職人の社会的地位を確立するような政策が打てないものか、又パターン学校や
デザイン学校はあっても、モノづくりの職人を育てる学校や社会がない。
ここ数年、やりたいモノが出来なくなった。品質重視のパターンナーや職人、
築地の仲買人も廃業した。あと3年でなくなっていく技術を今のうちに伝えたい。

こんなことを漠然と考えている昨近ですが、ご意見があればメールにてお願い
します。

UNIVERSAL LAB INC.
三浦 俊彦

どこか懐かしい響きのピーコート。今年は気温のせいで追いやられた感がある。
しかし、定番中の定番 やはり軽快に冬を楽しめるアイテム。

IMG_8628

IMG_8621

以前、アムステルダムのストリート・マーケットで買ったマリーンエンブレムを袖につけ、

レザーエルボーをつけボタンにも拘ってみた。
力ボタンにも気が抜けない。
そんなピーコートはやはりカッコイイ。

IMG_8631 IMG_8625

IMG_8633

 

モッズとは、1950年代後半から60年代にイギリスで流行した音楽やファッションなどのライフスタイル、ムーブメント。
MODS COATは別名M-51という名でアメリカ軍に採用された。

蘊蓄はさておき、このコートを10年前に拘ってデザインした。
この時代は、密度の濃いモノを作っていたなーと感慨深い。

毎日の出勤は交通機関を使わず、片道40分かけて往復80分歩いている。
特に朝歩くといろんなことを考える。アイデアが沸くのもこの時間帯。
突然、モッズコートを想像した。確か、サンプルが残っていたはず。
型紙は探せどなかったが、来秋冬復活させたいと工場背景を模索中。

IMG_8594

IMG_8601

IMG_8606

IMG_8610

IMG_8611

IMG_8612

IMG_8613

IMG_8609

IMG_8602

IMG_8617

 

来年2月にインド紀行の上映会を、なんとなく鎌倉でやろうかなと考え
小町通り近くにある知り合いのお洒落なカフェで出来ないかと、相談がてら鎌倉へ。

夜のとばりが降りる頃、ディープな鎌倉夜のツアーが始まった。
一件目は予約必至の酒菜 企久太、2件目は文豪も集う立ち飲み酒場、3件目は1966年創業のバー。時間も忘れ、仲間との楽しい時間が過ぎ何年ぶりかで終電に乗った。

20181019_200224

20181019_200619

20181019_211206

 

帰りの電車で、2月12日から始まる19年盛夏及び晩夏初秋展示会時に代官山界隈で
上映会を同時にしようと思った。

20181019_211133

20181019_200710

 

india0909-1-16

india0909-1-20

india0909-1-23

india0909-1-34

india0909-1-10

india0909-1-35

india0909-1-19

 

india0909-1-42

india0909-1-37

india0909-1-40

india0909-1-47

india0909-1-49

india0909-1-53

india0909-1-55

india0909-1-3

india0909-1-1

india0909-1-6

india0909-1-4

india0909-1-7

 

india_city&people_0908-49

india_city&people_0908-78

india_city&people_0908-76

india0908-1-20 - コピー

india_city&people_0908-87

india_city&people_0908-54

india0908-1-1

india_city&people_0908-69

india0908-1-21

india_city&people_0908-46

india0908-1-49

india_city&people_0908-5

india_city&people_0908-7

india_city&people_0908-11

india_city&people_0908-44

india0908-1-48

 

india_city&people_0906-30 india0906-1-57

india0906-3-4

india0906-3-16

india0906-1-21

india0906-3-47

india0906-3-49

india0906-3-45

india0906-3-25

india0906-3-44

india0906-3-42

india0906-1-20

 

DSCF5800

プラスチック汚染問題が深刻です。
ゼロのすることはできなくても、少なくすることはできるはず。
私は、子供時代から、環境に対する憂いはあった方だった。

DSCF5665[1]
ずーと気になっていた、プラスチックを失くせそうだ。
シャツの包装から、余分なモノを極力省き環境に負荷の
高いプラスチック製品を失くす努力をしている。
そういえば、シャツの仕上げで金属の虫ピンを長年無意識に
使っていたがこれを廃止したのは、この私。その結果何の不都合もない。
エコや省エネに対する問題意識をもって行動し、身近な事柄で今回から、衿ホルダーや蝶キーパー、Lピンのプラスチック製部材をなくし、ボール紙の衿台紙とたたみ台紙それに薄紙をなくす。
プラスチックの衿ホルダーの代わりに紙の衿ホルダーに順次変えていきます。

IMG_6357
ビニール袋は、cottonの布バッグに変える予定。(上からシールで品番その他印字して貼る)
19年春物から完全に切り替わる予定。

DSCF5810